高橋ヒロムが石井智宏に勝つ理由は永田裕志と同じ【深読】



020年7月2日(木曜日)、『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』3回戦の4試合が開催されます!

注目カードは 高橋ヒロム選手 対 石井智宏選手の試合です!

現IWGPジュニアヘビー王者の高橋ヒロム選手が勝つか!?それとも

新日本プロレスリングのヘビー級の登竜門!石井智宏選手が勝つか!?

高橋ヒロム選手が石井智宏選手に勝つ!理由は永田選手と同じ!

NJCUPのトーナメント左側。順々決勝は
高橋ヒロム選手 対 石井智宏選手
オカダカヅチカ選手 対 石森太二選手
の2試合です。
石森選手は流石にオカダ選手には勝てないと思うのでオカダ選手が勝ちあがると想定して考えます。
高橋ヒロム選手と石井智宏選手の勝者がオカダカヅチカ選手と戦い、恐らくオカダカヅチカ選手が勝つ流れが本流だと思われます。

高橋ヒロム選手が優勝できない理由はこちら

らいおんプロレスリング

謎の選手!「グランドマスター」!彼の役割を考え高橋ヒロム選手がNJCUP2020で優勝する可能性を【深読】…

となれば、石井選手が勝っても、ヒロム選手が勝っても、
どちらにしろオカダ選手が勝つのであれば 同じ流れに合流するわけです。
しかし、2人の試合結果に特に意味は無いのか?そうではありません!

永田選手と同じ理由で高橋ヒロム選手が勝つ!

NJCUPの1回戦を振り返ってみましょう!
鈴木みのる選手 対 永田裕志選手の試合
因縁深い相手でバチバチとした素晴らしい試合内容だったと思いますが、
正直、永田選手が勝つと思っていませんでした。どちらが上がってもオカダ選手に負けるなら順当に鈴木選手が勝つと予想していた訳です。
しかし、よくよく考えれば、これも永田裕志選手が勝たなければならない理由があったんです!

今、新日本プロレスが抱えている問題点は何か?

ずばり!
コロナにより、外国に拠点がある選手が参戦できない事
その状況がいつまで続くかは分からないという事
そして、①②が抱える問題点は「G1クライマックス30に参戦する選手の数が少なくなってしまう可能性が高い」という事です。
まだG1クライマックス自体が開催できるか予断を許さない状況だと思いますが、開催出来るように準備はしておくのは当然の流れ。
去年G1クライマックス不参加の鈴木選手ですが、モクスリー選手とのIWGP US王座をかけた激闘など現役バリバリ!
対する永田選手は2年前(G1クライマックス27が最後)から不参加であり、タイトル戦線にも絡めていません。
ここで永田選手が勝つという意味は
G1クライマックスにも出られる理由(保険)なわけです!
同じ理由で 高橋ヒロム選手が石井智宏選手に勝てば、
「旗揚げ記念日が中止になったんだから!G1に出させろ!俺はG1に参戦する石井選手にも勝っている!」との主張が通用するわけです!
さらに、同じ理由で去年のG1に出られていないYOSHI-HASHI選手もNJCUPで準々決勝まで進んだ!との理由。
小島選手もEVIL選手にリベンジ!との理由でG1参戦も視野に入ってくるかな?と思っています!
読者さんの応援がとても励みになります!
PUSHよろしくお願いします!

プロレスランキング



最新情報をチェックしよう!