オカダカズチカがEVILに勝てない理由は記録【深読】




たる7月11日(土)『NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020』決勝戦が行われます!

(引用;新日本プロレス公式)

決勝戦は「オカダカズチカ選手 対 EVIL選手」

私はEVIL選手が勝利すると思っていますが、その理由を闇落ちしているEVIL選手側からでは無く、オカダ選手側から考えてみたいと思います!

オカダカズチカはプロレス業界のアイコン

何があってもオカダカズチカは新日本プロレスのアイコン!

これは間違いない事実だと思っています!

その証拠に、新日本プロレスの最高峰IWGPヘビー級ベルトの記録を見てみましょう。

・最多戴冠回数:8回 – 棚橋弘至(第45, 47, 50, 52, 56, 58, 61, 67代)
 ※オカダ選手の戴冠回数は5回(第57, 59, 63, 65, 69代)
・最多連続防衛回数:12回 – オカダ・カズチカ(第65代王者時代)
・最多通算防衛回数:30回 – オカダ・カズチカ

既に、連続防衛回数と通算防衛回数はオカダ選手がTOP!最多戴冠数も間違いなく手にする事でしょう!

もはや「オカダ選手には手に入れる価値ある記録は無い!」と言っても良いと思います!

NEW JAPAN CUPの記録

2005年に初回が開催されたNEW JAPAN CUP(以下NJCUP)!

その記録を見ていきましょう!

・最多優勝 – 3回 : 後藤洋央紀(第5回、第6回、第8回)
※オカダ選手は2回(第9回、第15回)
・連続優勝 – 2回 : 後藤洋央紀(第5回 – 第6回)
・最年少優勝 – オカダ・カズチカ(25歳4カ月/2013年)

現在、オカダ選手がNJCUPの記録として残っているのは最年少優勝のみです。

しかし!

オカダ選手は、去年(第15回大会)も優勝していますので今回(第16回)も優勝すれば、

最多優勝(同率)1位! 連続優勝(同率)1位! という記録も手にすることになります。

オカダ選手にとってNEW JAPAN CUPの記録は価値が無い

そもそもNJCUPとは何でしょうか?

IWGPヘビー級の挑戦者決定トーナメントです。

つまり、

2年連続優勝!とは2年連続チャレンジャーだったという記録

最多優勝!とは多く「IWGPの挑戦者」になった記録。という事です。

考えてみてください。オカダ選手にこの記録は必要ですか?

オカダ選手は新日本プロレスのプロレス業界の絶対的なアイコン!

オカダ選手はその腰にベルトは無くとも、

挑戦者ではなく王者!(チャンピオン)です!

オカダ選手が優勝するのはNJCUPではなくG1!

G1は真夏の最強決定トーナメント!そして東京ドームへと続くドラマの核です!

今回のEVIL選手へのリベンジ(負け前提で書いています)!

内藤選手へのリベンジ!

そのオカダカズチカ物語の舞台はNJCUPでは役不足だと思います。

 

 

絶賛、闇落ち中のEVIL選手!オカダ選手にどう勝つのか!

EVIL軍団の登場はあるのか!?

 

らいおんプロレスリング

NJCUP2020に広がる闇の世界!EVILの覚醒は新日本プロレスに新たな風を呼び起こす!?…

土曜日!日曜日!の大会に注目していきましょう!

読者の皆様!応援のPUSHが大変励みになります!
PUSHご検討よろしくお願いします!

プロレスランキング


最新情報をチェックしよう!