内藤選手の怒りに違和感しかない



月25(土)愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)で大会が開催されました。

メインイベント(第6試合)ではIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルの二冠王者であるEVIL選手とIWGPジュニアヘビー級王者の高橋ヒロム選手が激突!
30分経過まで高橋ヒロム選手が優勢に進め、タイムボム→タイムボム2を決め、あわや三冠王者か!という場面でEVIL選手のセコンドのディック東郷選手がレフリーの足を引っ張り…
最後はEVIL選手が勝利し、二冠を防衛しました。
試合後に内藤選手が登場し、「ベルトのレンタル期間は過ぎた」とEVIL選手に実質のリマッチを要求。
途中までは非常に良い試合だったが台無しになったのが非常に残念なタイトルマッチでした。
試合が終わった後の会場は少し怖いぐらいの静けさで包まれていました。。。。

内藤選手の怒りに違和感しかない

EVIL選手にリマッチを要求する内藤選手、凄い怒ってる風だけど…
正直、違和感しかありませんでした。
【理由】
そんなに怒るなら最初からヒロム選手のセコンドに付いたら良くないかい?
そもそも自身もEVIL選手を乱入させて、IWGPヘビー取ったじゃない?
☑LIJは制御不能の者達の集まり。事実、当日も試合後にヘラヘラとレフリーに暴行を働いておいて、メンバーが同じ目にあったらオコ?
Lion
どうしよう…全然のれない…

他の選手との絡みももっと見たかった

【本隊】棚橋選手、飯伏選手、永田選手
「ベルトはロスインゴのおもちゃじゃない!」
「次は俺だ!俺と戦え!」
【ケイオス】石井選手
「1度も俺に勝った事ない奴が調子にのるな!」
「次は俺だ!俺と戦え!」
【鈴木軍】鈴木みのる選手
「闇の帝王?笑わせるな、プロレス界の王が相手になってやる!」
「次は俺だ!俺と戦え!」
Lion
少し強引でもIWGPヘビー級二冠に挑戦して良い選手は多いと思うんです。
結局、これで内藤選手が取り返しても何を見せられていたんだろう感が強いし、EVIL選手が勝つなら自動的に乱入によって勝つというパターンは変わらないだろうし。ちらが勝つにしても負けるにしても、モヤモヤが付き纏う試合になりそうな予感がしますね。
やっとこさ大会が生で見られる様になったのにIWGP二冠ではなくNEVER無差別級のタイトルマッチの満足度No. 1が暫く続きそうですね!

そういえばジェイホワイト選手の帰国するかも疑惑は見事に釣りでしたね!来月からはヨーロッパの一部の地域でもプロレスが再開するそうです!徐々に外国人選手の来日も可能になれば良いですね!
プロレスのBLOGランキングに参加しています!
応援のPUSHよろしくお願いします!



最新情報をチェックしよう!