務省が29日、新型コロナウィルスの水際対策をめぐり、日本在留資格を持つ駐在員や留学生の再入国を8月5日から条件付きで認めると発表しました。

条件は「入国前の72時間以内のPCR検査での「陰性」の証明と諸々の書類の提出。そして日本入国後もPCR検査の再検査と2週間の自主隔離を求められる」といった内容です。

プロレスラーはいつから入国出来るのか?

プロレスラーやプロ野球選手などの外国人プロスポーツ選手は日本在留資格は持っていません。通常は就労ビザ(1年間)を取得し、必要であれば次年度の更新が認められるという流れです。

現在、日本にいるプロスポーツ選手の就労ビザが切れた場合でも今年に国内でのプレーが認められた場合は継続の就労ビザが認められる可能性は高いそうです。つまり、ザックセイバーjr.選手やゲイブ選手は引き続き日本でプロレスが出来そうだという事ですね!

しかし、バレットクラブメンバーはまだまだ目途が立っていないのが現状の様です。

プロ野球選手の一部が入国を認められた!

福岡ソフトバンクホークスの複数の外国人選手が6月、7月と入国が認められました。

日本入国後にはPCR検査と各国の出国書類、入国書類などの必要書類の提出、2週間の自主隔離が条件となっているようです。

新日本プロレスはコロナの対応としてプロ野球を参考にしている事。他のプロレス団体に先駆けてバッシングを受ける可能性がある事に対して消極的。などが見えてきたので、「プロ野球でも来日した外国人選手がプレーしている事実&他のプロレス団体でも外国人選手が来日して試合をしている事実」が出揃うまでは、外国人選手の参戦はなかなか難しいと思います。

もうジェイ・ホワイト選手の煽りには騙されないぞ!

らいおんプロレスリング

ジェイホワイト選手のインスタに気になる画像が!?愛知県大会で何かが起こる!?…

名古屋大会でまさかの来日!?と話題になったジェイ・ホワイト選手ですが、やはりしばらく難しそうですね。

「新規の外国人選手」は来年以降!?

プロ野球選手の審査状況から判断すると、2019年から2020年にかけて日本にてプレーした選手であれば状況が改善するor来日の基準が緩和されれば就労ビザが再発行される可能性は非常に高い。」しかしならが、新規契約の外国人プレーヤーに関してはプロレスを以外のプロスポーツも完全にお手上げ状態の様です。

なので国内の選手が他のメジャー団体から移籍やディック東郷選手の様な新日本プロレスに参戦できる日本人の実力者が加わってくる可能性はまだまだありそうです!

プロレスのBLOGランキングに参加しています!
応援のPUSHよろしくお願いします!



最新情報をチェックしよう!