NEVER無差別級6人タッグトーナメントの予想が難し過ぎる!




20代王者組・EVIL&鷹木信悟&BUSHI組が保持していたが、7月31日付けで正式に返上となったNEVER無差別級6人タッグ選手権。

同王座の新王者組を決定する「第21代NEVER無差別級6人タッグ王座決定トーナメント」が8月6日(木)~8月9日(日)の後楽園ホール4連戦で実施されることが発表された。

(引用;新日本プロレス公式

NEVER無差別級6人タッグ王座は自由

NEVER6人タッグベルトは他のタイトルよりも縛りが薄いベルトだと思います。チャンピオンが二冠になろうが三冠になろうが全くお構い無し。更に誰が誰に勝とうが負けようがさほど問題が無く受け入れられる自由なベルトです。なので、逆に予想が非常に難しい!

NEVER無差別級6人タッグベルトをかけたトーナメント予想が難し過ぎる!

自由なベルトだからこそ予想が非常に難しい!

(画像;新日本プロレス公式
まず8.6に戦う、【オカダ・矢野・SHO組】と【裕二郎・邪道・外道組】です。
普通に考えればヘビー級2人と勢いの良いSHO選手のオカダ組の勝ちは堅そうです。

しかし、相手は百戦錬磨の邪道外道。そして裕二郎選手はオカダ選手にシングルで負け、KOPWにてリベンジを誓っています。KOPWの前にオカダ選手から勝ちを取っておきたい状況にあります。

NEVER6人は強さで勝つと言うよりも、プロレス偏差値の高いチームが勝ちやすい特徴があります。6人で戦うので各々の体力が温存しやすく3人を完全に倒して勝つというよりも、相手から素早く3カウントを取る技を持ち合わせている選手が決め手になると思います。矢野選手の急所攻撃からの丸め込みは正にコレですね。

しかし、邪道外道相手に通じるか?バレットクラブの3人は確実に反則を織り交ぜて試合を進めてくると予想すると・・・

これは難しい!
実力はオカダ組、地合は裕二郎組という状況でしょうか!

 

う〜ん。むずいなぁ…。

次の試合を予想してから考えましょう!

同じく8.6後楽園で戦う
【鷹木・SANADA・BUSH組】と【鈴木・デスペ・DOUKI組】
これは先日、永田選手を倒した鈴木みのる選手が鷹木選手が持つNEVER無差別級のベルトに挑戦する流れだと考えると鈴木選手が鷹木選手から勝ちを収めるという流れが予想されますね!

しかし、前チャンピオンの鷹木・BUSHIにSANADA選手が加わった新LIJ組が実力的にはかなり優位だと思います。

またデスペ選手は鷹木選手を襲ってタイトルを持ち去っただけでタイトルに挑戦出来たという実態を考えると鈴木組が勝たなくてもタイトルに挑戦は出来そうですね・・・

また次のNEVER選手権試合が、8月29日(土)明治神宮野球場大会だと考えるとNEVER6人タッグマッチの結果が出た後に前哨戦を含めた関係づくりをしても間に合うという事もありますね・・・

 

う~ん。むずいなぁ・・・。

また実力取るか地合を取るか!難しい!

う〜ん。
よし!こうなったら2回戦の組合せから答えを導き出そうと思います!

2回戦の可能性は全部4パターン

①オカダ組vs新LIJ
②裕二郎組vs新LIJ
③オカダ組vs鈴木軍
④裕二郎組vs鈴木軍

④はあまりにテーマがなさすぎる様に感じるものの、そもそもNEVER6人タッグベルトは治外法権!テーマはあまり関係ないしあくまで後楽園大会のカードの一部。後楽園のファンはどんなカードでも単純に良い試合を楽しむという特徴が根強い為、この方法では勝者の予想は困難ですね!

また上でも触れましたが、NEVER6人タッグマッチの結果が出た後にビックマッチの8月29日(土)明治神宮野球場大会へ前哨戦を含めた関係づくりをしても間に合います!

予想はお手上げや…

とは言え、予想はしておこう!という事で・・・

う〜ん!

オカダ組が裕二郎組に勝つ!
裕二郎はKOPWにで今度こそリベンジを誓う!

鈴木軍がLIJ組に勝つ!
鈴木選手がNEVER無差別級に挑戦できる状況を明確につくる!
また、LIJのメンバーには内藤vsEVILの前哨戦にメンバーを割いてもらう!

これにしましょう!

色々書きましたが、最後は完全に主観の予想になりましたね!

逆に何が起こるか分からない試合展開に注目していきたいと思います!

今回はここまで!想像以上に長くなったので右のトーナメント表の予想は次回にします!

プロレスのBLOGランキングに参加しています!
応援のPUSHよろしくお願いします!



最新情報をチェックしよう!