輝きを取り戻した!鈴木軍の勢いが凄いっ!

月29日(土)、東京・明治神宮野球場で『SUMMER STRUGGLE in JINGU』が開催!その21年ぶりの神宮球場で鈴木軍が強く輝きを放ちました!

鈴木軍!いちば~ん!

第1試合、マスター・ワト選手 vs 金丸義信選手のスペシャルシングルマッチ!推し出し中のワト選手が金丸選手の上手さに後押しされながら、ゴリゴリと攻めたて、

「当たり前の様に金丸選手が負けるのか・・・凄い選手なのに扱い酷いな・・・」と思っていた矢先、金丸選手が一瞬のスキをついて丸め込み!フォール勝ちを収めた!

ワト選手と付き添いの天山選手が3つ入っていないと抗議をするものの、がっつり3つ入っていて覆らず!

鈴木軍が幸先のよい1勝を手にしました!試合後の呟きがこちら・・・

ワト選手の事ですかね・・・勝って相手のキャリアを心配する優しさ!器が違うわ!

デスぺ選手は負けてない!

第2試合は「KOPW 2020」決定戦4WAYマッチ!オカダ・カズチカ選手 vs 矢野通選手 vs SANADA選手 vs エル・デスペラード選手!試合はオカダ選手がデスペラード選手からコブラクラッチでタップを奪おうとするものの、その隙(主に下腹部)をついて矢野選手が丸め込みの3カウント!

デスぺ選手は勝ち負け付かず。。。しかし、デスぺ選手は大会前からこれを予想するかの様な呟きをしていました。。。

ほぼ試合内容を示唆したかの様な呟きが今見ると面白いですね!

ボスが普通に勝って久方ぶりのタイトル戴冠!

第3試合はNEVER無差別級タイトルマッチ!王者鷹木信悟 vs プロレス王!鈴木みのる選手の試合。試合終盤で鈴木みのる選手が渾身のエルボーで鷹木の動きを止め、ゴッチ式パイルドライバーで勝利!

近年、新日で様々なタイトルに挑戦するものの、なかなか勝利を手に出来なかった鈴木選手!2度目のNEVER無差別級のタイトルをGET!真っ向勝負で鷹木選手に勝って実力を見せつけましたね!

挑戦者への煽りは試合後も続く!

第5試合はIWGPタッグのタイトルマッチ!王者タイチ&ザック・セイバーJr.組に棚橋弘至&飯伏幸太組が再び挑戦するというカード。棚橋弘至&飯伏幸太組が挑戦する前に解散か?という不必要なドラマによって無理くり注目度を上げてきたIWGPタッグのタイトルマッチは、第3試合のNEVER無差別級、第4試合のIWGPジュニアヘビーよりも後ろ、セミファイナルに。

ここまでヒール側の選手が勝ちを収めてきている流れ。このタイトルマッチがセミファイナルに押しあがった事を考えると、「どうせ棚橋&飯伏組が勝つんだろうな・・・」と思っていたら試合は王者組がザックメフィストを決めて3カウントを奪取!

予想を超えて面白かったです!

さらに、試合後にも王者は煽りは止まらず!

試合も試合後も王者の完勝!

そして、対戦相手の2人には大食いを進めるが、ビーガンのザック選手には個人の考えを尊重するという懐の深さを見せつけていますね!

結局、鈴木軍は4戦3勝1分で神宮を締めくくる!

バレットクラブが外国人選手が少ない中、第2のヒールユニット「鈴木軍」が再び勢いを取り戻した結果となった神宮大会!

これからジュニアタッグリーグ!G1!と続いていきますが、鈴木軍が物語の中心になりそうですね!引き続き注目していきましょう!

持つべきものは優しい仲間だ!と思う方は応援のPUSHよろしくお願いいたします!


プロレスランキング

 

最新情報をチェックしよう!